スロットは、遊び方と止め時さえ分かっていれば、大いに楽しむことができます。スロットで遊ぶ上で一番重要なことは、スロットを娯楽の一つとして捉えることです。お金を稼ぐための手段だと考えてしまうと大変なことになり、大金を失う羽目になります。

 

今回の記事では、ギャンブルと食についてお話しします。この2つは最高に素晴らしい組み合わせです。考えてもみてください。カジノとレストランは「魚と水」のような関係ですよね。ただし、今日は有名なカジノレストランではなく、食をテーマにした傑作スロットについてお話しします。

では始めましょう。第1位はBetSoft社の『Paco and Poppin Peppers』です。このスロットはメキシコ文化から着想を得ています。リールは5つ、ペイラインは30あります。メキシコ文化の面白さがよく分かる作品です。フリースピンが出る組み合わせが多いことでも有名です。是非、お試しください!

 

第2位は、Cryptologic社の『Sushi express』です。名前を見ただけで、何をテーマにしたスロットだか分かりますね。日本食、厳密に言えば寿司です。寿司は世界的にも非常に人気のある料理です。Cryptologic社がテーマとして寿司を採用したのも不思議ではありません。こちらもリールは5つ、ペイラインの数は30です。面白いのは、スロットのシンボルが全て寿司であることです。

 

第3位は『Sushi Yum Yum: Extra Wasabi(寿司うまうま:わさび追加)』です。はい、世界一奇妙な名前のスロットマシンです。わさびは、寿司や蕎麦など和食では定番のあの調味料のことです。このゲームは、和食をモチーフにしています。リールの数は5つで、製造元であるIGT社によると、700通り以上の勝ちパターンがあるそうです。

第4位、『Go Bananas(やっちまえ)』です。こちらも良い名前ですね。まるで掛け声のようです。このスロットの主なモチーフは果物です。バナナ、オレンジ、リンゴ、その他様々な種類の果物が出てきます。多くのスロットマシンと同様、5リール、20ペイラインとなっております。NetEnt社制作の、昔ながらのフルーツスロットです。

 

最後にご紹介するのはPlaytech社の『Sweet Party』です。Facebookゲーム『キャンディークラッシュ』に似ており、キャンディーが至るところに登場します。当たりのキャンディーが出れば、瞬く間にお金持ちになれますよ。